Pocket

日本一ともいわれる弘前の桜は幾重にも重なるように咲き誇ります。
一つの花芽からいくつもの花が咲くので、モコモコとボリュームのある花付きが特徴。
これは青森の特産「リンゴ」の剪定方法から生まれた桜なんです。

青森県・弘前の桜は、桜前線の北上にともなって4月の下旬ごろからほころび始めます。
さくらまつりが行われる弘前公園や弘前城周辺は、日本一の桜を愛でようと毎年200万人以上の見物客が訪れ賑わいます。

弘前公園に桜が植えられたのは1715(正徳5)年。
京都の嵐山から藩士がカスミザクラを持ち帰ったのが始まりとされています。

明治時代になり、荒れ果てた城内に約千本のソメイヨシノが植えられました。
一部の士族から非難を浴び、引き抜かれる災難もありましたが、その後明治維新の混乱期も終わり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されます。

その後もソメイヨシノの植栽は続いていき、現在の弘前公園内には52種類・約2,600本もの桜の木があり、満開のころには素晴らしく見事な姿を見せてくれます。西堀では桜がトンネルのようなアーチを描き、見物客を楽しませています。

昨年は「弘前観桜会」としてスタートした弘前さくらまつりが100周年という大きな節目を迎えたこともあり、大変な盛り上がりとなりました。100周年を記念して初の試みである「デジタル花筏」が開催されました。これは、「本丸石垣修理」のため水を抜いた下乗橋内濠に、桜のじゅうたんともいえる花筏(いかだ)をデジタル投影するというものです。人の動きに合わせて花びらが自在に動く体感型のインスタレーションです。

今回は、2019年の弘前の桜の開花予想や見ごろ時期さくらまつりの日程アクセス情報などをお伝えしていきます。
今年はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。
今から楽しみです。

弘前の桜・開花状況と見ごろ時期

弘前公園の公式ツイッターで開花状況が随時更新されていますので、参考にされてください。


スポンサーリンク

弘前公園2019・桜の開花予想

ウェザーニュースによる「第四回桜開花予想によりますと、開花予想日が4月21日、満開が4月27日となっています。

昨年の開花日と満開日はこちらです。
参考までに。

開花日 満開日
園内 4月18日
(平年より5日早い)
4月23日
(平年より5日早い)
外濠 4月17日 4月22日
桜のトンネル 4月19日 4月24日

ソメイヨシノの満開はおよそ3日間つづき、そのあと3日間は花吹雪&花筏を見ることができます。

弘前の桜の見ごろ時期 4月中旬~5月上旬
弘前さくらまつりの開催期間 2019年4月20日(土)~5月6日(月)
夜桜ライトアップ実施期間 昨年:4月18日~5月6日
※4月18日から点灯がスタート
ライトアップの時間 桜まつり開催期間中の日没~23:00(予定)
露店・出店の営業時間 昨年:4月18日~5月6日
9:00~21:00
弘前さくらまつり期間中のサービス一覧

2019年の情報がまだなので、昨年の時間を参考にしてみてください。

西濠ボート 昨年:4月18日~5月6日【9:00~17:00】
※4月18日:安全祈願祭(15時~)終了後から営業スタート
料金:60分1,000円
定員:3名(大人小人共通)

※雨天時、営業を見合せる場合があります。
※救命胴衣の着用必須(大人小人共通)
※お酒を飲んでの乗船は禁止です。

与力番所の抹茶 昨年:4月21日~5月6日【9:00~17:00】
(一服 540円)
公園物産館 昨年:4月21日~5月6日【9:00~21:00】
※早咲き対応:4月18日~20日は【9:00~19:00】
車椅子ボランティア 昨年:4月21日~5月6日【9:00~16:00】(貸出しのみは21:00まで)
【貸出場所】東門・亀甲門・追手門・緑の相談所近くの各テント
●お問い合わせ先
弘前市社会福祉協議会
【TEL】0172-33-2039
園内の貸しゴザ 10:00~20:00
料金:1枚500円
●貸出し場所
下乗橋前休憩所(4月21日~5月6日)、本丸(4月21日~5月6日)
北の郭・武徳殿休憩所 昨年:4月21日~5月6日【7:00~21:00】
※早咲き対応:4月18日~20日は【9:00~19:00】

弘前公園へのアクセス情報

弘前公園への最寄り駅はJR弘前駅になります。

【電車でお越しの場合】
●東京ルート→はやて(3時間20分)→新青森→特急つがる(30分)→弘前駅
●大阪ルート→のぞみ(2時間30分)→東京→はやて(3時間20分)→新青森→特急つがる(30分)→弘前駅

【車でお越しの場合】
●東京ルート→東北自動車道(9時間)→大鰐IC→国道7号線→弘前
●大阪ルート→北陸自動車道(14時間50分)→大鰐IC→国道7号線→弘前 大阪→東北自動車道(15時間20分)→大鰐IC→国道7号線→弘前

JR弘前駅から弘前公園までのアクセス方法

【徒歩の場合】
●弘前駅・バスターミナル→(約20分)→弘前公園

【バスの場合】
●弘前駅前→土手町循環100円バス(約10分)→弘前公園
※10:00~17:00まで10分ごとに運行しています。

【弘前公園マップ】

駐車場情報

弘前公園周辺の駐車場をご紹介します。

さくらまつり開催中は市内や公園周辺がかなり混雑します。特に土日祝は公園周辺道路の渋滞が予想されますので、JR弘前駅付近の駐車場の利用をおすすめします。


スポンサーリンク

弘前さくらまつりの駐車場情報

※料金は変更になっている可能性もございます。詳しくは各施設へお問い合わせください。
また、「弘前さくらまつり・まち歩き無料シャトルバス」は、2018年からは運行しておりませんのでご注意ください。
※堀越雪置き場、さくら野百貨店、弘果弘前中央青果の臨時無料駐車場についても開設しません。

①弘前市役所

【料金】
普通車:30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車:1泊540円(午後10時から翌朝7時まで)※車の出入りは不可
【利用時間】
7:00~22:00(22:00以降は出庫不可)
(※2018年4月18日~5月6日の期間のみ。通常は7:00~21:30)
【場所】
弘前市大字上白銀町1-1
【お問い合わせ】
TEL:0172-35-1111

②市立観光館

【料金】
普通車:30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車:1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の出入りは不可
【利用時間】
8:00~22:00(22:00以降は出庫不可)
【場所】
弘前市大字下白銀町2-1
※追手門広場内にあり、地下に普通車88台を収容できる広さの駐車スペースがあります。
【お問い合わせ】
TEL:0172-37-5501

③弘前文化センター

【料金】
普通車:30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車:1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の出入り不可
【利用時間】
8:00~22:00(22:00以降は出庫不可)
【場所】
弘前市大字下白銀町19-4
弘前公園東門のすぐそばにあり、収容台数110台の駐車場です。
【お問い合わせ】
TEL:0172-33-6571

④津軽藩ねぷた村

【料金】
さくらまつり期間中は1回1,000円 (通常1時間200円、以降30分ごとに100円追加)
【利用時間】
5:00~23:00
【場所】
弘前市亀甲町61
さくらまつり期間中は公園駐車場として200台を収容できます。
【お問い合わせ】
TEL:0172-39-1511

≪臨時無料駐車場≫

富士見橋

【場所】
弘前市和田町
弘前公園まで徒歩で約20分。
※川が増水した時は閉鎖されます。
【利用時間】
9:00~18:00
【お問い合わせ】
TEL:0172-37-5501

岩木橋

【場所】
弘前市樋の口町
弘前公園まで徒歩で約20分。
※川が増水した時は閉鎖されます。
【利用時間】
9:00~18:00
【お問い合わせ】
TEL:0172-37-5501

出店や露店の場所

弘前さくらまつりでは約200店もの出店が軒を連ねます。
営業時間は9:00~21:00です。
出店では津軽伝統の生姜味噌おでんや黒こんにゃく、定番のイチゴ飴やお団子など、たくさんの食べ物が販売されます。ゆっくりと桜を見ながら美味しいものに舌鼓を打つのもいいですね。


スポンサーリンク

さくらまつりの見どころ

世界的人気キャラクター「初音ミク」の派生キャラクター「桜ミク」が弘前さくらまつりの公式応援キャラクターに就任しました!
グッズやポスターなど様々なものとコラボレーションし、お祭りを盛り上げてくれます。

デジタル花筏

弘前さくらまつりの見どころといえば「花筏」ですね。
2018年にはデジタル花筏がありました。
世紀の大改修工事「本丸石垣修理」で水がなくなった下乗橋内濠に花筏のデジタル投影。

弘前さくらまつりの動画


スポンサーリンク

Pocket