Pocket


7月7日は七夕ですね。

七夕は7月7日の夜に、天の川をわたって1年に1度だけ会うことを許された牽牛星(けんぎゅうせい)と織女星(しょくじょせい)の星伝説から生まれた行事です。よく知られた彦星(ひこぼし)と織姫(おりひめ)のお話ですね。

七夕の夜には笹竹に願い事を書いた五色の短冊や飾り物などをつるして軒先などに飾る「星祭り」として知られています。
地域によってはこの頃に、はっきりとした天の川が見えないことから1ヶ月遅れの8月7日に七夕を行うところもあるようです。


スポンサーリンク

七夕の由来

そもそも七夕は古代の中国から伝わった牽牛と織女の「星伝説」と、短冊に歌や文字を書いて裁縫や書道の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」という風習が、日本古来の棚機女(たなばたつめ)の伝説と結び付いて、皇室の宮中で行われたのが始まりだといわれてます。
(※棚機女というのは古事記に由来していて、天から降りてくる神様を迎えるために水辺に張り出した棚の上で美しい神衣を織る乙女のことです。)

七夕を【タナバタ】と読むのは、この棚機女(たなばたつめ)に由来しているのです。

七夕はお盆との関係も深く、ご先祖様の霊を迎えるための一種の「禊(みそぎ)の行事」という意味もあります。
七夕の日に子供や馬や牛に水浴びをさせる「ねむた流し」や、その翌日、お祭りに使った笹竹や供え物を川や海に流す「七夕送り」という風習は、いずれもお盆の前に身を清めておくという意味合いがあります。

~七夕送りについて~

七夕の翌日に、軒先などに飾っていた七夕飾りや供え物を海や川に流す風習で、天の川に流れ着いたら願い事が叶うといわれています。
これが日本古来のみそぎの風習と結びついて、かつて七夕の日に女性は髪を洗ったり、子供や飼っている馬や牛に水浴びをさせたり、井戸の掃除が行われていました。
8月に東北地方で行われる「ねぶた」も、この七夕送りに由来するお祭りなんです。

星伝説とは

星伝説は中国の後漢時代に生まれたものになります。

牛飼いの牽牛と天帝の娘である織女は、夫婦仲が良すぎて仕事も手につかなくなったために天帝の怒りを買ってしまいました。
そこで、天の川を隔てた東と西に引き裂かれ、会うことができなくなりました。
しかし、2人がとても悲しんだために1年に1度の七夕の日にだけ会うことが許された、というのがこの伝説のいわれとなっています。

そして、牽牛と織女が出会う七夕の夜、天の川に鵲(かささぎ)と呼ばれる鳥が羽を連ねて橋を掛けるという伝説があります。
二星が踏みわたるため、七夕になると鵲の首の毛が抜け落ちるといわれています。

ちなみに牽牛星は「わし座のアルタイル」のことで、織女星は「こと座のベガ」の漢名で、和名ではそれぞれ「彦星」と「織姫」と呼ばれます。
いろんな呼び方があってちょっと混乱してしまいますよね。

和名 漢名
アルタイル 彦星 牽牛星
ベガ 織姫 織女星

余談になりますが、夏の夜空に明るく輝く3つの星、「わし座のアルタイル」「こと座のベガ」「はくちょう座のデネブ」「夏の大三角形」と呼ばれ、7月上旬ごろに東の空を見上げると見ることができます。



スポンサーリンク

短冊を書いて願い事をするのはなぜ?

これは「乞巧奠」に由来しています。
「乞巧」というのは巧みを乞うこと、「奠」は祀るという意味で、牽牛と織女の願いが叶う七夕の日にあやかって祈る祭りのことです。
織女は機織りの仕事をつかさどる星であることから、七夕の夜にお供え物をして裁縫の上達を祈願したことが始まりです。

かつて江戸時代に幕府が七夕を年中行事の一つに定めたことから、武家の間で盛んに行われるようになり、寺子屋の普及とともに習い事や書道の上達を願う風習として定着していきました。そして、現在では様々な願い事をするようになったのです。

笹竹に飾るのはなぜ?

日本古来より笹竹はとても神聖なものとして扱われ、神事などで使われてきました。
笹がすれ合う音は神様を招くといわれています。

乞巧奠の風習が日本にも伝わり、宮中行事として行われていた際に、祭壇の側に笹竹を飾ったことが始まりだといわれています。
そして、その笹竹に五色の織り糸を掛けたことから由来して、現在では五色の短冊を飾るようになったのです。

その五色とは、【赤、青、黄色、白、黒】の5つの色のことで、もともとは中国の陰陽五行説から由来しています。


スポンサーリンク

Pocket