Pocket


お中元はお世話になっている方へ、日頃の感謝をかたちに変えて贈る年中行事の一つです。

スポンサーリンク

お中元の意味や由来

「お中元」とは、日頃からお世話になっている人に対して、夏のあいさつを兼ねて品物を贈ることです。

もともとは中国の道教の「三元節」の一つだったのが、日本に入ってきた時にお盆と結び付いて定着したものなんです。
古代中国では旧暦の1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といい、この三元の日には神様に供え物を献上してお祝いするという習慣がありました。

その中でもとりわけ7月15日の「中元」は、日本のお盆の行事と重なり、ご先祖様を供養する意味も込めて親戚や知人、仕事関係のお世話になっている人に品物を贈るという風習が定着しました。

贈答品としては祖霊への供え物として、新盆の家には提灯やお線香、それ以外でしたら饂飩やそうめんなどの麺類や、お米、小麦粉、お菓子、果物などの食品を贈ることが古くからのしきたりでした。しかし、現在ではそのような傾向は薄れつつあり産地直送品などに人気があります。

お中元を贈る時期はいつ?

お中元を贈る時期は、一般的には7月初めから15日頃とされています。この時期を過ぎたら「暑中見舞い」、「立秋」(8月8日頃)を過ぎたら「残暑見舞い」として贈るのがマナーです。

しかし、地域によってお中元の時期は違ってきます。


スポンサーリンク

関東・東北のお中元の時期

関東と東北に関しては、一般的な時期と同じで7月初旬から7月15日までとなっています。
7月16日以降に贈る場合は「暑中見舞い」扱いとなりますので気を付けましょう。
しかし、この地域は期間が2週間と短いことでお中元の配送が集中し、到着が遅れてしまうことがあることなどから、近年では6月下旬ごろから送り始める人も増えてきているようです。

関西のお中元の時期

関西、東海、中国地方、四国などでは7月中旬~8月15日の間に贈ることが一般的となっています。
関西方面でも最近では関東の影響を受けて、お中元の時期が少しずつ早まってきているようです。
8月16日以降に贈る場合は「残暑見舞い」扱いとなります。

北陸地方のお中元の時期

北陸のお中元の時期はおおむね関東・東北と同様に7月初旬から7月15日までなのですが、一部の地区では旧盆の時期にあたる7月15日~8月15日のところがありますので、北陸の人に贈るときは注意が必要です。

九州のお中元の時期

九州地方のお中元の時期は8月1日~8月15日が一般的です。
関東や東北よりも丸々1か月遅いということになりますね。
こちらでもやはり年々時期は早まっており、7月下旬から送る人も増えてきています。

北海道のお中元の時期

北海道は旧盆の時期の7月15日~8月15日にお中元を贈るのが一般的です。
しかし、他の地域から7月15日前にお中元が届くことが多いため、北海道の時期もだんだんと早まってきているようです。
8月16日を過ぎる場合は「残暑見舞い」扱いとなりますので注意しましょう。

沖縄のお中元の時期

沖縄のお中元は旧暦の7月15日までに贈るのが一般的です。
ですので、年によってお中元の時期が異なってきます。
沖縄の方に贈る場合は、その年の旧暦7月15日を調べて遅れないように注意しましょう。

なぜ地域によって時期が違うの?

地域によってお中元の時期が異なっているのは、「お盆」の時期が異なるためです。
冒頭でも少し触れましたが、お中元とお盆はとても密接な関係にあり、ご先祖様を供養する意味も込められています。

お盆の期間はもともと地域によって差異があります。
そのため、それにともなってお中元の時期も異なってくるというわけです。

ひとこと

近年、だんだんと全国のお中元時期の差が狭まってきている印象ですが、それでもまだ地域によってお中元の時期は異なりますので、違う地域の人へ贈る場合はそれぞれの習慣に合わせて、失礼のないようにしましょう。


スポンサーリンク

Pocket