Pocket

出典:mashable.com

2009年に米オレゴン州立大学(Oregon State University)の研究室で偶然発見された「新しい青色」
有名な「コバルトブルー」がフランス人化学者のルイ・ジャック・テナールによって発見されて以来207年振りとなる快挙です。

この史上最も青いといわれるこの色は、材質科学を専門とするマス・サブラマニアン教授が発見したもので、イットリウム(Y)、インジウム(In)、マンガン(Mn)の混合物から生まれました。この3つの元素記号を合わせて「YInMnブルー」と名付けられました。日本語にすると「インミンブルー」と呼びます。


インミンブルーが史上最も青いといわれる所以は、この3つの化合物が特殊な構造をしていて、赤と緑の波長が完全に吸収されて青の波長だけを反射するという性質があるため。毒性もなくとても安定しているので色褪せることがなく、美術修復に向いているのではないかと注目されています。また、ファッションや化粧品にも採用されるのではないかといわれています。

スポンサーリンク


この新しい青色をアメリカのクレヨンメーカーのCrayola(クレヨラ)が新色として年内に発売すると発表しました。
この「新しい青色」に名前を付けようということで、ネーミングコンテストが開催されています。

2017年6月まででたくさんの候補が挙がり、これはクッキーモンスターの色でしょ!ということで「クッキーモンスター」とか、偶然見つかったことから「偶然ブルー」「サブマリン」「フォーエバーブルー」など個性的な名前が続々と登場。

「新しい青色」の最終候補5選

たくさんのアイデアの中から最終的に5つの候補が選出されました。
その5つがこちらです。

  • Bluetiful (ブルーティフル)
  • Blue Moon Bliss (ブルー ムーン ブリス)
  • Reach for the Stars (リーチ フォー ザ スター)
  • Star Spangled Blue (スター スパンコール ブルー)
  • Dreams Come Blue (ドリームズ カム ブルー)

5つ目の「ドリームズ カム ブルー」は日本人の私たちからすると、「ドリカムのもじりかっ!」と思ってしまいそうなネーミングですよね。個人的にはBluetiful (ブルーティフル)とBlue Moon Bliss (ブルー ムーン ブリス)が素敵だなぁと思いました。

みなさんならどの名前に一票を入れますか?

クレヨンのネーミングの決定はいつ?

2017年の6月2日でネーミングの募集は締め切られ、同年9月に採用名が発表される予定です。

一体どの名前が採用されるんでしょうね。
9月の発表が待ち遠しいです。
楽しみに待ちましょう!

新しい青色インミンブルーのクレヨンの名前が発表!


スポンサーリンク

Pocket