Pocket

2017年9月22日、突如としてあらわれた元SMAP3人による「新しい地図
この新しい地図の登場によって元SMAPメンバー森且行さんへの注目度が増しているのも事実です。

その背景には新しい地図のファンクラブの名前が「NAKAMA」というもので、ファンの間で考察されている解釈が、

NAKAI(中居正広)
And
KIMURA(木村拓哉)
And
MORI(森且行)
Assemble (集める、招集する)

というものだからです。


今回の流れで「森くんもいずれ合流するんじゃないか?」という憶測めいた声も。

実際問題、森さんが芸能界に復帰することはありえるのでしょうか。
今回は「復帰する可能性」と「復帰できない理由」の両面から探ってみたいと思います。


スポンサーリンク

森且行が芸能界に復帰する可能性

森さんは元々はスマップとしてのアイドルの仕事とオートレーサーの仕事を両立させたいという思いがあったこと。

しかし、ジャニーズ事務所を退所した理由は、無断でオートレーサーの試験を受けていたことが発覚して逆鱗に触れた事だとされていること。

であるならば、ジャニーズ事務所を退所した3人が立ち上げた「新しい地図」が受け皿になりえるのではないか。

オートレーサーとしても相当な実績があり、オートレースの最上位のS級にランクしていた時期も長く、G1を2度も制覇していることからも”成功”といえるレベルなのではないか。

スマップ最後の日となる2016年大晦日に行われたという解散式という名の慰労会で、木村さん抜きの解散派4人に加え森さんも参加していたということ。
この場で、今後の進退についても様々話し合われたのではないだろうかと推測できます。

スマップ脱退直後は、メディアへの露出が規制されていた時期があり、TVの過去映像で森さんが映っているところが流れるとモザイクがかけられていたということがありましたが、最近はそれも徐々に解禁されてきた感があります。
最近だと9月18日に放送された「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」でSMAPの「オリジナル スマイル」が流れ、森さんの映像もそのまま映っていました。

復帰はありえない理由

確かに一スマップファンとしては、森さんが復帰してまたみんなと歌っているところを見たいという気持ちもないわけではありません。
しかし、復帰するにしても数々の障壁や困難があることもまた事実ですよね。

まず、オートレーサーという仕事はアイドルとの二足の草鞋でできるほど甘く生半可な世界ではないということ。

スマップとして5年ほど活動していたとはいえ約20年のブランクはやはり大き過ぎるのではないか。

スマップ脱退時にメンバーと話していた「お互い日本一になろう」という約束が、まだ果たせてないと森さん自身が思っているのではないか。


スポンサーリンク

最後に

新しい地図の本格始動がスタートするのは10月16日です。
この日になればまた新たな進展が分かってくるのではないでしょうか。

ただ、森さんが復帰する or 復帰しないという考察自体も、もしかしたらナンセンスなのかもしれません。
新しい地図のコンセプト動画を見ると、「ボーダーを超えよう」という言葉があります。


もちろん国境をなくそうとか、国という枠組みを超えようという意味もあるとは思いますが、この新しい地図というもの自体が、一つのグループとかいう小さい枠組みだけの活動ではないということを示唆しているような気がします。

だから、メンバーであるとかメンバーじゃないとかいう小さいことにはこだわらず、同じ方向を向いた者たちが、参加できるものには参加して面白いことをやろうというような感じなのではないかと、勝手に推測しております。

違っていたらすいません。


しかし、新しい地図のスタートは私を含め多くの人が心を奮わせる出来事であったに違いありません。
なにか面白いことが始まったようなワクワク感がありました。

彼らなら、この暗澹たる世の中に光をもたらしてくれるような気がして止みません。
これからも彼らの活動に注目していきたいと思います。

まずは10月16日の動画第2弾を楽しみにしていましょう!


スポンサーリンク

Pocket