Pocket


数ある桜の名所の中でもダントツで人気のある「熊谷桜堤の桜
日本さくら名所100選」にも選ばれていることもあって、毎年桜の開花時期には多くの見物客で賑わいます。

熊谷桜堤は熊谷駅南口から歩いて5分の場所にあって、荒川大橋付近~下流へ2kmほど続いている桜並木です。約500本のソメイヨシノが咲き誇る姿はまさに圧巻の一言です。

スポンサーリンク


熊谷桜堤の桜の歴史は古く、江戸時代から桜の名所として親しまれていました。元々は荒川の氾濫を防ぐのが目的で川沿いに桜の木を植えたのが始まりとされています。明治時代になると桜が枯れてしまうという不遇に見舞われ1886年から植樹をスタート。少しずつ本数を増やしていきますが、1925年には大火によって再び多くが焼けてしまうということもありました。その後、1952年に荒川の改修によって新しい熊谷堤が築かれ、熊谷市の「市制施行20周年」を記念してたくさん桜の木が植えられました。これが現在の熊谷桜堤になります。

約400年の歴史を持つ熊谷桜堤の桜。
今年はどんな美しい姿をみせてくれるのでしょうか。
とても楽しみですね。

今回は、2018年の熊谷桜堤の桜の見ごろ時期や桜まつりの日程、熊谷桜堤のアクセス・駐車場情報などをお伝えしていきます。

熊谷桜堤の桜の見ごろ時期

熊谷市の公式ツイッターで開花状況が更新されていますので参考にしてください。



ウェザーマップ発表によると熊谷の開花日が3月22日、満開日が3月29日となっています。
今年の桜は平年よりも早くなるとの見込みです。
この辺りを狙っていけば見ごろだと思います。

熊谷桜堤の桜の見ごろ時期 3月下旬~4月上旬
熊谷桜まつりの開催期間 2018年3月26日(月)~4月8日(日)
夜桜ライトアップ実施期間 2018年3月26日(月)~4月8日(日)
ライトアップの時間 桜まつり開催期間中の18:00~21:00

スポンサーリンク

アクセス情報

【スポット名】熊谷桜堤

【住所】埼玉県熊谷市河原町2地先
【最寄り駅】JR熊谷駅、秩父鉄道熊谷駅

【アクセス方法】
●電車でお越しの場合⇒JR高崎線「熊谷駅」から歩いて5分、秩父鉄道「熊谷駅」から歩いて5分
●車でお越しの場合⇒関越自動車道「東松山IC」を降りて、国道407号を経由して約30分

【駐車場】無料駐車場250台分あり
【お問合せ】048-594-6677(熊谷市観光協会)


駐車場について

無料駐車場が約250台あります。
また、例年は桜まつりに合わせて荒川運動公園が臨時駐車場として無料開放されます。

桜が見ごろを迎える4月上旬にはかなりの混雑が予想されます。
もし、無料の駐車場に停められなかった場合に備え、有料の駐車場の場所もチェックしておきましょう。


熊谷桜堤桜まつりの見どころ


熊谷桜堤桜まつりの見どころといえば、もちろん荒川の土手沿いに広がる約500本のソメイヨシノで、夜桜のライトアップは何とも言えない荘厳な姿を見せてくれます。
また、桜の開花とちょうど同じタイミングで菜の花も見ごろを迎えるので、桜のピンクと菜の花の黄色が絶妙なコントラストを演出します。

桜まつりでは50軒近くの出店が軒を連ね、美味しい食べ物に舌鼓を打ちながらゆっくりと花見を楽しむことができます。また、期間中には地元のよさこい演舞などの楽しいイベントが開催されるので一層盛り上がりをみせます。

昼には昼の良さがあり、夜には夜桜を楽しむことができる熊谷桜堤の桜。
ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

Pocket