Pocket


最近よく見かけるようになったこの「自転車専用道路(レーン)
ただ、「自転車専用」と書かれたものや、矢印と自転車に乗っている人の絵が描いてあるだけのものなど、違ったデザインがあるので一体何がどう違うのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そして、バイクや車を運転している人が一番気になるのは、自転車専用道路を走ったら違反になってしまうのか?ということですよね。

かくいう筆者もバイク乗りでして、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

自転車「専用」か否か

冒頭で、自転車専用道路にはいくつかのデザインがあるというふうにいいましたが、大きく分けて2つに分類することができます。

自転車専用通行帯


出典:kogamaron.wordpress.com


青いペイントに「自転車専用」の文字が書かれた「自転車専用通行帯
これは文字通り自転車しか通ることができないレーンです。
この通行帯に関しては法令でしっかりと定められており、バイクや車は走ってはいけません。もし知らずに走行しているところをお巡りさんに見つかったら反則切符を切られてしまいます。

車の駐停車に関しては、駐車はもちろんできませんが、停車禁止区域でなければ停車して積み下ろしをすることはできます。
また、交差点の左折時にはどうするか?ということについては、交差点の30m手前よりウインカーを出して通行してもよいということになっています。

スポンサーリンク

自転車ナビマーク&自転車ナビライン


出典:www.keishicho.metro.tokyo.jp

自転車ナビマークと自転車ナビラインは法令の定めのない表示になるので、この表示自体に新たな交通方法を指定する意味はありません。
あくまで自転車の進行方向や通行部分を明示する表示に過ぎません。

よって、バイクや車がこのレーンを走行しても反則切符を切られることはありません。
また、このレーンは“自転車優先”というわけではなく自転車を保護する意味はありませんので、自転車に乗る人は特にバイクや車に注意して走行するようにしましょう。



自転車が車道を走る時は左側通行というルールがだいぶ浸透してきたように思いますが、いまだに逆走している人をたまに見かけますね(-_-;)
ナビマークの普及によって徐々に改善されるのではないかと思います。

スポンサーリンク

Pocket