Pocket

こちらでは、東京・日本科学未来館で開催されている「ディズニー・アート展 ~いのちを吹き込む魔法~」の混雑状況や日程・アクセス情報をご紹介していきます。
筆者も実際に行ってきたので、実体験も踏まえながらお伝えしていきます。


スポンサーリンク

ディズニーアート展の混雑状況は?

私が行ったのは土曜日で、入場した時間は11:00くらいでした。
チケット購入窓口では、まだそんなに並んでいる様子はありませんでした。

私は前もってネットで予約してセブンイレブンで受け取っていたので、チケット購入では並ばずにすみました。
入場までのストレスがないのでとてもオススメですよ。
→ネット予約はこちらから

入場した時間がお昼前だったので、先にご飯を食べようと思い7階にあるレストランに行き昼食を済ませました。
この時点では注文の列はさほどありませんでしたが、食べ終わって帰るころには列がどんどん長くなっていき待ち時間は20~30分になっていました。
食べる席も見つけるのが難しくなっていくので、この会場でご飯を食べるつもりの方は早めに行った方がいいですね。
ただ、食べ物に関してはあまり美味しいといえるものではないのでオススメはしません。ちなみに、5階にはちょっとしたカフェがあるのでホットドックやコーヒーなどの軽食でいいならこちらも利用できます。


今回お目当ての「ディズニー・アート展」の混雑状況ですが、私が入った13:00時点ではやや混みくらいだったので余裕をもって見て回ることができました。
内容がかなり充実しているので見応え十分です。じっくり見て回るなら1時間くらいはかかるかなと思います。
私は子供連れだったので、やはり短時間で出る羽目になりました(*´Д`)
この展示内は撮影は一切禁止です。飲食もすべてNGです。かなり厳しく飴やガムすらもダメで、後ろの人がガムを噛んでいたみたいで出してくださいと言われていました。

展示会場では最後にオリジナルグッズなどが買えるショップがありますよね。
当たり前のようにすぐに入れると思っていたのですが、実はこのショップに入るにも待ち時間がありました( ˘•ω•˘ )
来場者がスムーズに買い物ができるようにとの配慮だと思いますが、それにしてもスゴイ人気ですね。


実は、「ディズニー・アート展」待ち時間の公式ツイッターがあります。
こちらで会場の混雑状況をリアルタイムでツイートしてくれているので、ぜひ参考にしてみてください。


塔の上のラプンツェル エクスペリエンス

そして、特別展の「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」も体験してきました。

これは「塔の上のラプンツェル」でラプンツェルとユージーンが船に乗って、無数のランタンが飛んでいる幻想的なシーンがありますよね。このワンシーンを再現した体験型のインスタレーション作品なんです。
人がランタンの前に立ち止まるとランタンが強く輝いて、周りのランタンに伝播して広がっていきます。
とても幻想的で素敵な空間でしたよ。


体験時間は1分間と短いですが、撮影がOKなのでぜひ。

この体験インスタレーションはかなり人気で整理券を配布していました。
7階にある会場脇でチケットを見せると「14:00~14:30」といった、時間が書いた整理券をもらえるので、この時間に行けば確実に見ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

私が帰ろうとしたのが14:30くらいだったのですが、その時にチケット購入窓口はすごい列が並んでいました。
やはり午後の方が混雑する模様。

オススメは早い時間に来てサクッと見て回るのがいいですね。
土日祝日はもちろん混みますので、平日に来れればいいんですけどね。なかなかそうもいきませんよね( ˘ω˘ )

本展は9月24日(日)まで開催しているので、まだ見てないという人はぜひ足を運んでみてください。

ディズニーアート展・東京の概要

【開催期間】
2017年4月8日(土)~9月24日(日)

【開館時間】
10:00~17:00(ただし、入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前までです)
※7月以降の金曜日、土曜日、祝前日、お盆は21:00まで開催しています。

【休館日】
火曜日(※5月2日、7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は開館)

【会場】
「日本科学未来館」企画展示ゾーン(東京・お台場)
住所:〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6


【アクセス】

●新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車、徒歩約5分/
 「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
●東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分
●都営バス「日本科学未来館前」下車、徒歩約1分



スポンサーリンク

Pocket