Pocket

出典:https://www.ashikaga.co.jp/


栃木県は足利市にある、あしかがフラワーパークは「250畳の大藤」で有名な花と木の園です。
もともとは1968年に「早川農園」として開園。1997年に都市開発のため現在の足利市迫間町に移設されました。

季節ごとに様々な花が咲き、四季折々の景色や表情を見せ、多くの方に愛されています。近年では冬に開催されるイルミネーションがとても人気となり、年間では約100万人以上の来園者が訪れています。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」は夜景コンベンション・ビューロー認定の関東三大イルミネーションに選ばれました。そして、全国5,212人の夜景選定士が選ぶイルミネーションアワードで2016-2017年の2年連続で第1位を獲得しました!フラワーパークの花々と400万球のイルミネーションのコラボはまさに圧巻の一言です。




スポンサーリンク

あしかがフラワーパークの開催期間

【開催期間】
2017年10月21日(土) ~ 2018年2月4日(日)

【点灯時間】
16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)

【入園料金】
大人:900円 子供:500円
(※昼の部料金は花の咲き具合によって変動します)

【休園日】
12月31日(日)

混雑状況は?

あしかがフラワーパークのイルミネーション混雑状況ですが、シーズン中は園内ももちろん混雑しますが、広大な土地なのでそこまで気にすることはないですが、それよりも問題なのは車で来た場合ですね。

土日や冬休み中、そして最も混雑することが予想されるのはクリスマスシーズンです。
イルミネーションという性質上、デートのために訪れるカップルも相当増えます。
フラワーパーク周辺の道路は駐車場待ちの車などで大渋滞となります。
しかも2年連続でイルミネーションアワード1位獲得ということで、余計に混雑が激しくなるのは必至ですね。

もちろんクリスマスだからイルミネーションを見たいという人もいるでしょう。
ただ、その場合はある程度大渋滞を覚悟していった方がいいですし、早めの時間に行って早めに出るという感じがいいかと思います。
夜のイベントなので15時30分くらいに駐車場に行くとスムーズかなと思います。
そして、かなり寒くなるでしょうから防寒対策はしっかりとしていきましょう。

ちなみに園の駐車場は300台分あって、混雑する時期は臨時の駐車場も設置されます。
どこの駐車場に停めても駐車料金は無料です。

2016年までは途中退園ができなかったのですが、2017年からは30分までなら途中退園できるようになりました。

スポンサーリンク

アクセス情報

車でお越しの場合

【東北自動車道より】
◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
【北関東自動車道より】
◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)


電車と徒歩でお越しの場合

最寄駅はJR両毛線の富田駅になります

◎東武伊勢崎線ご利用のお客様は久喜駅にてJR東北本線に乗り換えて小山駅より両毛線ご利用下さい。
◎JR上野駅からもJR東北本線にて小山乗り換えとなります。


出典:https://www.ashikaga.co.jp


スポンサーリンク

Pocket