Pocket



夏の風物詩、東京の三大花火大会でもある
隅田川花火大会が今年も開催されます。

毎年80万人近い見物客が訪れ、大混雑となる人気の花火大会です。
あまりの混雑に、場所によってはゆっくりと花火を見れないこともあるので、事前にある程度情報を集めてから見に行くといいかと思います。

今回は隅田川花火大会の穴場スポットと最寄り駅などのアクセス情報をお伝えしていきます。ぜひ参考にしていただければと思います。


スポンサーリンク


隅田川花火大会の概要

隅田川では花火が打ち上がる場所が2ヵ所あります。

第1会場では花火コンクールが行われ、約9,350発が打ち上げられます。
(桜橋下流~言問橋上流)

第2会場では有名なスターマインなどを含む約10,650発が打ち上げられます。
(駒形橋下流~厩橋上流)

合計で約20,000発となります。


隅田川花火大会の日程&時間

【開催日】
2018年7月28日(土)
(※小雨の場合は開催されますが、荒天時は翌29(日)に順延になります。)
【打ち上げ時間】
19:00~20:30

会場の地図&最寄り駅

第1会場
【最寄り駅】
浅草駅、押上駅、東京スカイツリー駅、曳舟駅


第2会場
【最寄り駅】
浅草駅、蔵前駅、両国駅、浅草橋駅


隅田川花火大会の穴場スポット


花川戸公園(北側公園)
浅草小学校の横にある「花川戸公園」。
江戸通りと馬道通りの間に位置する穴場スポットで、地元の間では北側公園と呼ばれています。
右手にはスカイツリーが見え、左手に第1会場の花火を見ることができる絶好の場所です。
最寄りの駅は「浅草駅」になります。

〒111-0033 東京都台東区花川戸2丁目4−15

桜橋中学校の周り
隅田川のすぐそばに位置する「桜橋中学校」周辺は、打ち上げ場所から近いのに意外と場所が確保しやすいポイントです。
ここからは2会場両方の花火が見られます。
「浅草駅」からが一番行きやすいと思います。

〒111-0024 東京都 台東区今戸2丁目1−8

水戸街道
水戸街道は花火大会当日の夕方以降は歩行者開放区域となります。
ここからは第1会場と第2会場両方の花火が見られます。
「曳舟駅」かもしくは「東京スカイツリー駅」が最寄駅となります。

〒131-0033 東京都墨田区向島2丁目12付近

汐入公園
言わずと知れた穴場スポット。
打ち上げ会場からやや離れているので遠目で見る感じになりますが、混雑を避けゆったり見たい人や小さいお子様連れにはお薦めの場所ですね。

〒116-0003 東京都荒川区南千住8丁目13−1

東白鬚橋公園(ひがししらひげこうえん)
東白鬚橋公園は打ち上げ会場から少し離れているため混雑はゆるめで、しかも無料でゴザの貸し出しがある隠れ穴場スポットです。
汐入公園からは隅田川を挟んで対面にあり、やや会場よりの場所です。
最寄り駅は「鐘ヶ淵駅」になります。

〒131-0034 東京都墨田区堤通2丁目2−2−1


スポンサーリンク

銅像堀公園
隅田川花火大会当日はこの公園自体は16時から立ち入り禁止区域となってしまいますが、この周辺の隅田川沿いの堤防から花火を見ることになります。
ここは第1会場からすぐ近くですし、目の前を遮るものが何もないため大迫力の花火が見れます。
最寄り駅は「曳舟駅」となります。

〒131-0033 東京都墨田区向島5丁目9−1

大横川親水公園
花火会場からはやや遠いため迫力には少しかけますが、ゆったりと鑑賞するにはお薦めです。
大横川親水公園といってもかなり広い公園なので、園内の場所によって見え方がかなり変わってきます。
おすすめは東京スカイツリー方面、東駒形周辺です。よく見えます。
錦糸町方面はわりと空いていますが、あまりよく見えないです。

〒130-0011 東京都墨田区東駒形4丁目15−14

両国国技館
両国国技館の周辺は打ち上げ会場から少し離れていることもあり、混雑もゆるめです。
両国駅からもすぐなので待ち合わせ場所としてもお薦め。

〒130-0015 東京都 墨田区横網1丁目3番28号

コモディイイダ 東向島店
曳舟駅からすぐ近くにあるスーパーの「コモディイイダ 東向島店」が例年だと屋上駐車場を解放してくれています。
第1会場からわりと近いので、ここで場所を確保できればゆっくり楽しむことができます。

〒131-0032 東京都 墨田区東向島1丁目28−10

オリンピック墨田文花店(屋上駐車場)
オリンピック墨田文花店の屋上駐車場が無料開放されます。
花火大会当日の朝9:30から先着順でシート場所の確保ができるので、ここをゲットできればかなりいいですね。(早い人は4時から並んでいるとか)
第1会場・第2会場両方の花火が見えますし、その真ん中にはスカイツリーも一緒に見ることができる超穴場スポットです。
最寄り駅は東武亀戸線「小村井駅」か「東あずま駅」になります。

〒131-0044 東京都墨田区文花1丁目31−9

厩橋交差点
この付近は隠れ穴場スポット。
座ってゆっくり花火を見ることができます。
最寄り駅は都営大江戸線「蔵前駅」になります

〒111-0043 東京都台東区駒形1丁目1−1付近


スポンサーリンク

第一ホテル両国の周辺
ここからは第2会場の花火が見れるのですが、その方向に高いビルなどがないため意外と見やすいポイントです。
最寄りの駅は「両国駅」になります。

〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目6−1

東駒形三丁目交差点
ここは第2会場からすぐ近くなので、迫力満点の花火を楽しむことができます。
最寄り駅は都営浅草線「本所吾妻橋駅」になります。

〒130-0005 東京都墨田区東駒形3丁目10−7

タワーホール船堀の展望塔
タワーホール船堀は会場からは少し離れていますが、あまり知られていない場所なので穴場です。家族連れでゆっくり見たいという方にはお薦めです。展望台は入場無料で入れます。
最寄り駅は都営新宿線「船堀駅」になります。

〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1

言問橋
第1会場に最も近い場所で、隅田川花火大会のメインイベントでもある「花火コンクール」を間近で見ることができます。
ただ、場所取りはかなり難しいといえます。
橋の上は立ち止まり禁止となっていますので、歩きながらの鑑賞になります。

〒131-0033 東京都墨田区向島1丁目12

花火大会当日の注意ポイント

花火大会当日は入場制限がかかってしまいますので、時間に余裕をもって現地入りしましょう。

当然ながら浅草駅はアクセスが集中し、大変混雑しますので、行き帰りとも少し離れた駅を利用することをお薦めします。(押上駅、両国駅、錦糸町駅、曳舟駅など)


スポンサーリンク

Pocket