Pocket


こちらの記事では「中秋の名月」の日付や、由来などについて書いています。


スポンサーリンク


2018年の中秋の名月はいつ?

今年、2018年の中秋の名月は「9月24日」です。

中秋の名月とは

そもそも「中秋(ちゅうしゅう)」とは、旧暦の「秋の中日」となる8月15日のことを指します。
とくに太陽太陰暦で8月15日の夕方に出る月のことを「中秋の名月」と呼びます。
よくいわれる「十五夜」というものですね。

今日使われている新暦(グレゴリオ暦)における日付では9月23日ごろ前後半月の期間で変動していきます。よってその年その年で日付が違ってくるわけです。

由来や意味は?

中秋の名月のいわれは諸説あって、その年の稲の豊作をお祈りするお祭りであったというものや、穀類の収穫祭だというものなどがあるようです。
この中秋の名月を愛でる習慣というのは、平安時代に中国から伝わったとされ、もともとは高級貴族だけの習慣で、一般庶民に広まっていったのは江戸時代に入ってからなのだそうです。

中秋の名月は満月?

名月というと「満月」なのかな?と思いがちですが、中秋の名月の日が必ずしも満月になるとは限りません。むしろ名月と満月の日が重なることはそう多くはありません。
前回、中秋の名月が満月だった年は「2013年
次回重なるのは「2021年」となります。

ちなみに今年は9月24日が中秋の名月で、9月25日が満月となっています。
1日ズレていますね。
ただ、肉眼で見る限りはほぼ満月のようなまんまるのお月さまが見えると思います。

お団子とすすきの意味は?

十五夜といえばお団子をお供えして、すすきを飾るのが定番ですよね。
お団子は、白くまんまるで月に見立てているんです。
そのお団子を食べることでお月様のパワーをいただくという意味合いがあります。
また、すすきに関してですが、先にも書いたように中秋の名月は稲の豊作を祈るお祭りであったということで、本来であれば収穫されたもの飾るのですが、稲は収穫前で飾ることができないために、稲穂に姿が似ているすすきを代用したといわれています。


スポンサーリンク


中秋の名月・動画


過去・未来の中秋の名月

中秋の名月に関して、
これまでの日付と未来の日付をご紹介します。

月日
1991年 9月22日
1992年 9月11日
1993年 9月30日
1994年 9月20日
1995年 9月09日
1996年 9月27日
1997年 9月16日
1998年 10月05日
1999年 9月24日
2000年 9月12日
2001年 10月01日
2002年 9月21日
2003年 9月11日
2004年 9月28日
2005年 9月18日
2006年 10月06日
2007年 9月25日
2008年 9月14日
2009年 10月03日
2010年 9月22日
2011年 9月12日
2012年 9月30日
2013年 9月19日
2014年 9月08日
2015年 9月27日
2016年 9月15日
2017年 10月04日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月01日
2021年 9月21日
2022年 9月10日
2023年 9月29日
2024年 9月17日
2025年 10月06日
2026年 9月25日
2027年 9月15日
2028年 10月03日
2029年 9月22日
2030年 9月12日


スポンサーリンク

Pocket